住まいを探す前に

豪華なリビング

注文住宅を購入する場合と分譲マンションを購入する場合はどちらがいいでしょうか。 それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。 まずはそれぞれのメリットです。 注文住宅のメリットは、自由に設計ができることです。実際の設計は建築士と依頼主の間で行うことが多いのですが、依頼主のオリジナルの住宅を造ることができる点で他にはない住宅を建設することが可能になります。また、分譲住宅のように壁を隔てて隣の家ではないため、多少物音を立てても問題ありません。 これに対して、分譲マンションは、すでに出来上がったデザインの住宅に住むことができる点です。住宅に対してのデザインや素材にこだわりがなければ分譲マンションが優れていると言えます。

では、注文住宅と分譲マンションのそれぞれのデメリットはなんでしょうか。主に金銭面について見ていきましょう。 まず、注文住宅のデメリットはその価格です。分譲マンションとは単純に比較はできないものの、同じような面積であれば、分譲マンションのほうが安上がりのことが多いのです。また、固定資産税を払わなくてはいけない点も注意しなければならないところです。 これに対して分譲マンションは、駐車場代を毎月払わなくてはいけない点や管理費を払わなければならない点です。 地震などで大きく建物にひびが入った場合などは、全員一致でないと修理をすることができないため、一戸建て住宅にはないわずらわしさがあります。 このように見ていくと、万人に合う住宅というものはなく、そこに住む人の趣向や生活スタイルで決まると言えます。